メイン画像

可愛く見えても意外と怖い、害獣のことを知っておきましょう

イタチやアライグマと聞いてどんな印象を持ちますか? 野生の姿を見ることはなかなかできませんが、なんだか可愛らしいイメージがあるかと思います。
ですが、そんな可愛い動物たちも人間の住環境の中に入ってくると害獣となってしまいます。
一般的に害獣と呼ばれている動物は、ネズミやイタチに加えて、アライグマやハクビシンなどがいます。
動物被害としてよく聞くのは、野生動物に農作物を食べられたり農地を荒らされたりすることでしょう。
ですが、木に登るのが上手なこれらの動物たちは、壁を登って天井裏に住みつくことがよくあります。
「家にアライグマが住みついた」と聞くとなんだかとても楽しいことのような気がしますが、それはお話の中だけです。
実際に野生動物に住みつかれると、鳴き声や足音に悩まされたり、糞尿の被害で家が傷んでしまったりします。
繁殖して個体数が増えると、縄張り意識から攻撃的になる場合もあります。
ところが、実際に被害に遭って困っていても勝手の自分で駆除できない場合があるのです。
ハクビシンがそうですが、鳥獣保護法で守られているため、害獣駆除には許可が必要になります。
手間取ったり怪我をする可能性があることを考えると、自分で駆除するよりも許可から駆除までを一手に行ってくれる害獣駆除の専門業者に頼む方が安心で安全です。