メイン画像

介護の転職を考える

日本は年々少子化傾向が増して、益々高齢化に拍車がかかってます。
介護をする人が減ってきて、される人がどんどん増えていきます。
そんな社会を考えるだけでも不安になってきます。
どんどん増える高齢者を支えるのは若い世代の方々になります。
若い世代の人が転職をしてお年寄りを支える必要があります。
しかし、求人誌などを見ても、介護の求人件数はとても多いのです。
この仕事に関する資格も多岐にわたります。
食事補助や入浴補助などをする資格や高齢者などに優しいバリアフリーの住まいなどのアドバイスをする資格、更には、悩みなど心の面などのケアを主とする資格まで色々あります。
どのような仕事に携わりたいか、この仕事でどのようなことがしたいのか、本当の自分の気持ちを把握して、それに必要な資格は何なのか?
それを見極めて、スタートラインを切りましょう。
もちろん資格の必要のない仕事もあるみたいですが、やはり、資格をもっている方の方が圧倒的に有利となります。
資格のない方が採用される場所は、労働条件も悪く苦労している方も多いみたいです。
この職種は離職率も高いとのことです。
このことからも楽な仕事でないということがわかります。
この仕事を目指すには、それなりの覚悟が必要となるのではないでしょうか、