メイン画像

ドローンによる屋根塗装の無料空撮見積もりサービス

屋根塗装は、激しい風雨や酸性雨、紫外線など過酷な環境にさらされ続けるため、雨漏りなどの問題の原因につながっていく可能性があります。日本では地震が多く発生するため、軽量であるスレート系平板瓦が多く使用されています。これらの瓦はカラーベスト、コロニアルという商品名で知られています。一部のカラーベスト、コロニアルの中には、アスベスト(石綿)を補強材として使用しているものもあり、色落ちするとアスベストが飛散する恐れがあります。建物の立地環境やコロニアルの種類によって変わってきますが、8?15年に一度は塗り替えを行うべきです。定期的に屋根を塗り替えることで、屋根の耐久性を維持し、雨漏りの発生、アスベストの飛散を防ぐことができるのです。

小田原・海老名エリアにある株式会社サンテックは、外壁塗装、屋根塗装、防水工事、リフォームのプロフェッショナルです。屋根の調査はしてもらいたいが、屋根に登られるのはいやだ、という意見はたくさんありますが、サンテックでは2018年にドローンを導入、空撮することにより、屋根に登ることなく屋根の調査を正確に、短時間で、安全に、しかも低コストで行うことが可能となりました。ドローンによる空撮見積もりサービスは無料となっています。サービスの内容は、サンテックのサイトでわかりやすく説明されています。雨漏りなどの重大な問題の発生を防ぐためにも、屋根の調査は大切です。ぜひサンテックのサイトをご覧いただき、気軽に問い合わせをしてみてください。
http://www.stc-santec.co.jp/