メイン画像

交通事故の被害者が相手に請求できる賠償金の種類

交通事故に遭ってしまい被害者となると、大きな損害を被ります。
その損害は、怪我をして治療をしたり仕事に行けない、所有物が壊れるなどといろいろな方面にわたります。
それに、精神的に被る苦痛も多大です。
日本では、被害者の方は加害者に対してこれらの損害に相当する賠償金を請求する権利を法律で認めています。
被害者が損害賠償請求できる項目はとても細かく分けられていますが、大きく分類すると積極損害・消極損害・慰謝料にまとめることができます。
積極損害は事故に遭って実際に出費した損害で、入通院の医療費や病院への交通費、車いすなどを買ったらその代金なども含まれます。
積極損害に対し消極損害は、怪我をしたり後遺障害が残ってしまうことで本来ならもらえた給料などが減ったりなくなってしまう損失のことを言います。
そして慰謝料は、交通事故の被害者が事故に遭ったことで被る精神的なダメージに対する賠償金です。
交通事故が起きたらまずは怪我人の救護を最優先に、同時に警察へも届け出をします。
警察では実況を見分し、事故に事件性が認められないとされればそれ以上警察として介入することはなく、和解策については当事者間に任されます。
当事者どうしが事故の解決のために話し合うのが示談交渉です。
示談交渉では、実際に被った損害を整理して金額を算出し過失割合などを鑑みて最終的に加害者が被害者に支払う賠償金の額を決めていきます。