メイン画像

泉卓真氏が提案するいずみホールディングスの革新

北海道を中心にした新鮮な海産物の卸売業者として知られている株式会社いずみホールディングス。
しかし、それだけではなく畜産卸売業者としても素晴らしい実績を持っています。
長年培った生産者や出荷会社からの信頼関係によって独自の仕入れルートを数多く持っています。
そのため、お値打ち商品から珍しい商品まで、ありとあらゆる品揃えや新しい提案などを行うことが可能となっているのです。

このような仕入れルートを持っている株式会社いずみホールディングスで特に語られるのが物流事業についてです。
グループ全体で網羅している圧倒的な物流エリアや顧客数、物流数などを元にして、それらに最も適した物流システムを構築しています。
そのため、従来のように物流コストが仕入れ値を圧迫するといった事態を最小限に防ぐことが出来るのです。

こうした強みを持っているいずみホールディングスの代表取締役社長である泉卓真氏は食品流通をイノベーションによって改革すると宣言しています。
流通経路の改革と収益構造の改革を実現するために具体的に発足したのがプラットフォーム事業です。
こちらは様々なシステムを新しいインフラとメディアによってまとめあげ、提供するという特徴を持っています。これによって多くの人々の食が変わると言われているのです。