メイン画像

充実した医療が受けられます

丘の上にある玉川病院は、東京を代表する美しい川である多摩川を一望できるため、美しい風景が広がる中、診療を受けることができる規模の大きな病院です。
職員の数は医療関係者や医療事務に関わるスタッフを含め、総勢800名を超え、難しい医療にも対応できる人員が揃っています。
近年、総合病院と掲げていても、実際には受診したい診療科がないということが珍しくありませんが、玉川病院では内科や外科を筆頭に、内科では循環器や消化器、外科でも呼吸器や乳腺など、それぞれにおいてより専門に診る診療科が設けられています。
リハビリテーション科もありますので、術後のリハビリが必要な場合でも転院せずに済みますし、救急での患者の受け入れも行っていますので、いざというときに頼りにできる病院です。
救急で入っても、その後、転院することなく最後まできちんとトータルで医療を受けられることは、患者にとって病気やケガという気の滅入る状態にある中、安心と希望を与えてくれるでしょう。
入院ということになったとしても、窓の外に広がる美しい多摩川と、それらを囲む四季折々の美しい風景が心の慰めとなり、充実した医療と相まって早く回復させてくれるのではないでしょうか。