メイン画像

蓄電システムのメリット

蓄電システムというのをご存じですか。
太陽光発電のように、電気をためて置くことができる装置です。
例えるのであれば、乾電池を電気のプラグにつないで充電したり、またスマートフォンでも充電をするのと同じように、電気をためて置くことができる物です。
この蓄電システムを家庭や企業が導入することで、メリットが大きくあります。
一番のメリットとしては、夜間の安い時間帯に、電気を蓄電池に貯めて置くことができるという事でしょう。
貯めた電気を、昼間使うことで、電気代もこれまで支払ってきたのと大幅に違って安くなります。
また、非常電源にもなりますので、災害の際にも、ライフラインとして確保ができるのも重要なポイントです。
企業や医療の現場にとっては、電気は重要なものです。
命に係わること、そして企業の命となるデータが消失してしまうことを避けることができます。
また、アウトドアにも利用できるものもあります。
家庭用蓄電池であれば、大体が50万円だから100万円台くらいの予算です。
設置料も考えると、おおよそ100万円前後となります。
設置するにあたり国からの補助金も出ますので、購入するのであれば、インターネットで情報を確認しましょう。このホームページにも情報があります