メイン画像

お子様の病気は小児科を受診させる必要があります。

小さなお子様は、大人とは違って消化器官が未発達なので、下痢や嘔吐、便秘などがよく見られます。
激しく下痢をしたり、嘔吐をすると脱水を起こしてしまうため、早めに小児科で診察を受ける必要があります。
また免疫力も低いため、風邪やインフルエンザ、気管支炎、肺炎などの病気に罹りやすいので、発熱をしていたり、咳やくしゃみ、鼻水などの症状が見られたら、日産厚生会玉川病院の小児科をお勧めしたいです。
日産厚生会玉川病院の小児科は、お子様や親御さんに配慮をした丁寧な診療を行っているので、安心して受診ができます。
おたふく風邪や麻疹、水疱瘡などの病気は、非常に感染力が強く、幼児期によくみられる病気なので、顔が腫れていたり、体に赤みのある水疱などが見られる場合は、数日間は内服薬による治療を続ける必要があります。
現代は働く女性が増えており、昼間は保育園にお子様を預けている人が多いですが、ノロウィルスやロタウィルスなどの感染症が不安だと感じている人がほとんどです。
病気が疑われる時は、感染を防ぐためにマスクや手袋をして、嘔吐物や便などを片付ける必要があります。
日産厚生会玉川病院では、感染症を予防するための指導も行っています。