メイン画像

五感で楽しめる料理はそうはない

五感とは、見る、聞く、嗅ぐ、味わう、触るの5つを表した人間だけがもつ感覚の事です。
ご飯を食べるとき、味わったり臭いを嗅ぐことはあっても、その他の感覚をもつことはそうありません。
しかし、この五感を実現したお店が東京の麻布十番にあるのです。
麻布といえば、高級なレストランや料亭などがある地域ですが、ここにお店をかまえる「かどわき」もまさにそんな高級さがうかがえるお店です。
こちらでは、見る、嗅ぐ、聞くを楽しめるようカウンターで料理人が調理のパフォーマンスをしています。
魚をさばく、煮る、揚げる、盛りつける、そんな光景をお客さんは楽しむことが出来ます。
揚げているときのパチパチとした音や、煮ているときの出汁の香り、そして華麗な包丁さばきは圧巻です。
そして、料理を心行くまで味わいます。
こうした五感を刺激するようなお店は、なかなかありません。
一品一品すべてに細部までこだわり、味だけではなく盛りつけ方の繊細さや器の美しさに心奪われるでしょう。
かどわきは、駅から徒歩圏内にあります。
わかりやすい立地にありながら、隠れ家のようなお店で食事を楽しむことが出来るので、特別な日に利用してみるのもいいかもしれません。
是非、利用してみてはいかがでしょうか。